鬼伝説の名勝「立岩」を望む、絶景温泉

立岩は、はしうど荘に隣接する、丹後町の海水浴場「後ヶ浜海岸(のちがはまかいがん)」にある、大きな一枚岩。

周囲は1km、高さは20mもあり、日本では珍しい巨大な自然石です。

「この地にいた鬼を麻呂子親王(聖徳太子の弟)が退治し、立岩の中に封じ込めた」という伝説が残っており、今でも海が荒れた夜には、鬼の泣き声が聞こえてくるといわれています。

その「立岩」の大地からあふれ出す気のエネルギーと療養泉で知られる丹後温泉を、まさに裸で取り入れられる、はしうど荘の「立岩の湯」。 潮騒の音と温泉の湯に体を預けながら雄大な景色を味わえば、心も体もリフレッシュし、明日への活力がみなぎってきます。


丹後庁舎(はしうど荘前)からのライブカメラ